のぼり旗のデザインで演出できること

居酒屋ののぼりのデザイン

のぼり旗で表現できること

思わず入店したくなる居酒屋ののぼりのデザインとは?
極論、シンプルが一番良いように思えます。


例えば、炭酸のパンチが効いたハイボール自慢の居酒屋なら、
ハイボールを連想させる濃い茶色系を背景に太い白字で
「ハイボール」と書かれたのぼりなどはいかがでしょうか?


居酒屋

ハイボール好きにはもちろん堪りませんが、そうでない人も
「このお店はハイボールが自慢なんだな」とすぐに理解するでしょう。


また、フードでピザがおすすめの居酒屋なら、食欲をそそる色と
される赤などの暖色系を背景に反対色の太字で「ピザ」と書くのも良いですし、
背景をイタリア国旗の赤・白・緑にするのもインパクトが大きいように思えます。

連想させる


温かいものを訴えるならば暖色系、冷たいものを訴えるなら寒色系など、
目に入ってくる情報が、直感で理解できる位シンプルなものの方が
良いかもしれません。


デザインを凝るという方法ももちろんあるでしょうが、アルコールについては
飲む前から気持ちをわくわくさせるものです。


デザインで個性を出すよりも、考えずとも目で訴えるシンプルで
目を引くものの方が浮ついた心に響くかもしれません。


特にのぼりを見て入店するお客さんは、事前にそのお店の下調べを
していない方が多いのではないでしょうか。


のぼりは、お店の看板に次ぐ「名刺」と言っても過言ではありません。
アルコールに飢えたお客様に訴えるならば、本能で理解できる位
シンプルなものの方がちょうど良いでしょう。

 

Copyright(c) ポイントを抑えたいのぼり旗のデザイン All Rights Reserved.