のぼり旗のデザインで演出できること

思わず入店したくなるカフェののぼり

のぼり旗で表現できること

カフェなどの飲食店の入店を決める広告の一つである
店外ののぼりはとても重要なツールです。

喫茶店


のぼりにプリントされた美味しそうな白桃は、とてもインパクトがあります。 


季節ごとに旬を迎えるフルーツや野菜を見せることは、
人間である食べる欲求に直接にアクションを起こします。


たべるという欲求は3大欲求ともよばれ、生きることの証でもあります。
その欲求にダイレクトにアピールすることは、考えることよりも、
つい思わずといった行動にうつすきっかけには最適な方法です。

キーワード


また、お店がカフェであることから、甘いをイメージしたのぼりの
デザインを使うことが思わず入店することにつながるキーワードです。


かき氷などのシロップにつかった旬のフルーツや、ナパージュが
たっぷり塗られたキラキラなビジュアルの白桃のタルトでもいいでしょう。 


心理学的効果を付け加えればより一層効果は増します。
例えばハロー効果を使うことです。


有名パティシエが作っていたり、フランスセレブの間でブームになっていることも
アピールできる商品であればより一層効果が期待できます。 


のぼりの立てる場所もとても重要です。
いくら魅力的なものでも人が見なければ効果がありません。


実際にいろんな場所に設置して見せ方が正しいかシミュレーションしましょう。 
他と差別化されたデザインで時事ネタ(ここでは旬の食材)を使い心理に訴えかけ、
いより一層ひと目につくつことを目指していけば思わず入店してしまう
デザインを作り出すことができます。

 

Copyright(c) ポイントを抑えたいのぼり旗のデザイン All Rights Reserved.